環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
菜の花プロジェクト:休耕地活用、地域資源の循環サイクル構築
 荒廃して、だれも耕さなくなった農地を、花咲く「油田」に変える試みが日本全土に広がりつつある。

 1998年、滋賀県で始まった「菜の花エコプロジェクト」は、菜種から食油を造り、使い終わった廃食油から自動車を動かす軽油代替燃料を造る試みが中心だ。
 ドイツでの同様の取り組みが広がりつつあったのに触発されて、環境生協の藤井さんが始められたそうだ。
 現在では、全国に、46の地域や団体で取り組まれている(2003年時点)。

 菜種油の廃食油から精製される軽油代替燃料は、次のような利点を持っているそうです(菜の花ネットワークより)。

 1)軽油と使い勝手が同じです。
 2)軽油よりも含有有害物質の量が少ないのです。硫黄酸化物はほとんど出ません。
 3) 植物油の廃食油を使うので、廃棄物リサイクルになります。
 4)軽油と違い菜の花の栽培によって半永久的に再生可能。つまり、エネルギー枯渇問題の解決策のひとつとなります。
 5)地域内で燃料を生産・消費する仕組みなので、自立した地域循環型社会の構築に貢献できます。
 
 ついでに言うと、追加的な二酸化炭素を排出しないので、温暖化防止にもつながります。

 以下、報道
[READ MORE...]
【2005/06/29 03:15】 バイオマス | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
【北米】エタノール混入量めぐり、上院で議論白熱へ
ちょっと前の記事ですが、アップし忘れてたので。

植物(でん粉質や糖質のもの)をアルコール発酵・蒸留させると、エタノールを生産することができます。これは自動車の動力燃料に使えるので、アメリカやブラジルなんかでは、結構盛んに生産されて自動車の燃料に使われてるようです。

以下、報道
----------------------
エタノール混入量めぐり、上院で議論白熱へ
出所: usfl.com - 2005/06/13

 ガソリンへのエタノール添加を義務づけるエネルギー法案の審議が、上院で14日から始まる。これを支持するトウモロコシ農家と反対する石油業界などの間ではすでに激しいロビー合戦が展開されており、両陣営とも審議の行方を注意深く見守っている。

[READ MORE...]
【2005/06/28 22:08】 バイオマス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
「糸魚川バイオマス発電所」稼動半年
これも木質燃料関連記事です。
こちらは、発電事業です。

現在の木質燃料利用のほとんどは、木材加工の残渣や廃材なんかが、中心みたいですね。

間伐材を利用するのはまだ難しいみたい。
やはり林業の再生が鍵かな~。

以下、報道
---------------------------
050621にいがた経済:「糸魚川バイオマス発電所」稼動半年 コスト、CO2とも削減 /新潟
出所: Yahoo!ニュース

 ◇燃料の廃材確保不安定--目標は「排出物ゼロ」
 建設廃材などのバイオマス(生体燃料)を利用した国内最大規模の発電所「糸魚川バイオマス発電所」(糸魚川市上刈7)が注目を集めている。バイオマス発電は石炭や石油に比べ燃料費が安く、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えられるのが特徴だ。同発電所では燃焼後の灰も再利用するなど「排出物ゼロ」を目指している。

[READ MORE...]
【2005/06/26 09:58】 バイオマス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
木質燃料の可能性;和歌山で廃材利用のチップボイラーの試み
 林業のさまざまなプロセスからでる木材の残渣が、エネルギーとして利用できる、ということで注目を集めている。これらは、従来は、林業廃棄物としてうち捨てられていたものだ。

 その一例として、下の記事を紹介しよう。
 ここでは、公営宿泊施設が木材加工から出てくる木片を温泉の加温や暖房などに利用している。
 このような木質燃料の利用拡大は、環境的にも経済的にもプラスの効果をもたらす可能性があります。

 
[READ MORE...]
【2005/06/26 01:33】 バイオマス | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
【報道】村山の企業ら、木質バイオマス使った発電事業所建設へ
以下、報道です。

村山の企業ら、木質バイオマス使った発電事業所建設へ
出所: 山形新聞ニュース

 日本バイオマス開発(東京)と五十嵐特殊建設(村山市、五十嵐邦夫社長)が、木質チップから発生させたガスを燃焼し、発電する新たなタイプのバイオマス発電事業所の建設を、村山市富並に計画している。県内ではほぼ未利用の木質バイオマス資源・果樹剪定(せんてい)枝を活用して発・売電事業を展開する予定。7月をめどに「村山バイオマス発電」(仮称)を設立し、来年秋の操業を目指す。

[READ MORE...]
【2005/06/15 00:48】 バイオマス | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
このページの先頭へ
<<前のページ | BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。