環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
鹿児島県ツル保護会 風力発電所建設に反対 
環境保護主義VS環境保護主義の対立の典型的事例です。
温暖化防止や大気汚染に対する立場からは、自然エネルギーの普及が主張されます。一方で、風車のブレードに鳥が衝突死する可能性に対して、自然保護の立場から反対がなされる。
こういう対立の構図がよく見られるようになった。

この問題は、両者の話し合いと科学的調査の積み重ねによって解決すべきだと思われます。
ただ、下のツル保護会の記事を見てみると、風車がツルの渡りルート上にあるというだけで、危険性を訴え、「反対」と言っているような気がします。
これはいかがなものか?
きちんとした科学的調査を行った上で危険性が高いという判断がなされたのか、非常に疑問ですね。

以下、報道

-----------------
鹿児島県ツル保護会 風力発電所建設に反対 渡りルート上、影響大/長島地区
出所: 南日本新聞‐2005/07/07

 鹿児島県ツル保護会(会長・渋谷俊彦出水市長)は6日、出水市で臨時総会
を開き、風力発電所の建設計画が相次ぐ長島地区について、「国の特別天然記
念物ツルの渡りルート上には、大型構造物建設を認めない」との方針を確認し
た。近く国、県など関係機関に伝える。ただ、現状ではツル保護の観点から建
設を規制する根拠が乏しいため、法的整備を強く求めていく。
[READ MORE...]
【2005/07/08 14:57】 風力発電 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
このページの先頭へ
「ウィンドフォース12」2005年度版の発表
 グリーンピースと世界風力エネルギー協会が「ウィンドフォース12」の2005年度版を発表した。下のURLから無料でダウンロードできます~。
読みましたら、またご報告します~、って読めるかな(汗

-------------------------
グリーンピース・ジャパン プレスリリース 2005年6月30日付
「ウィンドフォース12」2005年度版発行
~G8諸国は風力発電の普及促進の支援を!~

国際環境保護団体グリーンピースと世界風力エネルギー協会(GWEC)は本日、「ウィンドフォース12」の2005年度版を発表した。「ウィンドフォース 12」は、2020年までに風力発電で世界の電力の12%を賄うことは可能であることを示す年間報告書として2003年に創刊。今回の2005年度版は、気候変動を主要テーマとして取り上げることとなっている今年の先進8カ国首脳会議(G8)に向けて発表された。この中で、風力発電の普及に関して技術・資源・経済の障壁はないとし、2020年までに12億5000万kWの風車を設置し電力供給の12%を賄うことは可能であり、これによって107億 7,100万トンの累積CO2排出削減が達成できるとしている。

[READ MORE...]
【2005/07/02 03:44】 風力発電 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
鳥取県、11月下旬から風力発電・ミニ公募債を発行
近年、日本の自治体が風力発電事業を行う際に、公募債を
発行してその資金調達を行おうとする事例がいくつか出始
めてきた。
  鳥取県名和町が事業化しているのが最初の例で、神奈川県、
そして今回の鳥取県が続いている。

[READ MORE...]
【2005/06/30 15:40】 風力発電 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
このページの先頭へ
ナブテスコが上昇、航空機や風力発電でも材料
 風力発電は機械産業ですので、多くの関連産業の成長を促進
するようです。以下の記事に挙げているナブテスコは、風力発電機用駆動装置(風車を風向きと風力に応じて動かす装置)を製造し始めた企業です。こうした国内の風車製造業が育てば、産業活性化にも繋がるでしょう。

 これまでの産業は、資源を浪費し汚染を撒き散らし環境を破壊することによって、成長してきました。しかし、21世紀は環境を破壊しない産業(グリーン・インダストリー)を育てなければいけません。風力発電産業もその一つです。

 是非、政府はこうした産業の育成に力を入れて欲しいものです。しかし、残念ながら、日本政府は、まったく逆の政策を採っています。

 つまり、風力産業の成長意欲を阻害するような法律(RPS法)を2002年に導入したのです。そのため日本の風力発電産業もわずかづつしか成長しません。

 その結果、日本の風車のほとんどは、海外の製品で占められています。NEDOによると、2004年度の日本に設置されている風車の746基が海外製品で、国内製品は、178基しかありません。

 この差は縮まるどころか一層広がってく傾向にあります(NEDO)。
 
 
[READ MORE...]
【2005/06/18 21:34】 風力発電 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
【報道】風力発電を補助金で後押し エネ庁、目標達成目指し
蓄電池も重要ですが、地域間連系線の整備を進めるための
枠組みはどうなっているんでしょうか?
系統整備も風力発電普及にとっては重要な課題ですが、この点
については何も触れていないですね。この問題については折を
見て調べていきたいです。

-----------------
以下、報道です。

風力発電を補助金で後押し エネ庁、目標達成目指し
出所:共同通信

 風力発電によるエネルギー供給量を増やすため、資源エネルギー
庁は16日、風力発電所に蓄電池を併設して電力を安定的に供給で
きるよう、2006年度から新たな補助制度を創設する方針を明ら
かにした。
 
[READ MORE...]
【2005/06/17 07:03】 風力発電 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<前のページ | BLOG TOP | 次のページ>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。