環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
サトウキビから自動車燃料 宮古で実証実験
 宮古島産のサトウキビから自動車燃料用として「バイオエタノール」を製造、公用車で使用し実用化を目指す環境省の「沖縄産糖蜜(とうみつ)からの燃料用エタノール生産プロセス開発及びE3等実証試験」事業が7日、宮古島市で始まり、プラント起工式と実車走行試験開始式が行われた。プラントの完成は来年。
 
出所‐琉球新報 2005/10/08
 サトウキビなど植物から作られる「バイオエタノール」は、化石燃料の消費抑制につながり、地球温暖化対策の切り札として注目されている。環境省では、エタノールをガソリンに3%混合した「E3」と呼ばれる混合燃料での実車走行試験をこの日から実施。
 2006年春には、サトウキビから砂糖を精製した後に残る廃糖蜜を発酵させた後に蒸留し、年間90トンのアルコールを生産できるようになる。最新技術により、高効率で省エネ、低廃棄物型のプラントを目指す。宮古産エタノールで3年をかけて走行性能や経済性を確認する。
 さらにアルコールをガソリンに混ぜて使うほか、発酵時に生じるメタンも自家発電設備や漁船などの燃料の一部として活用。徹底した資源の「地産地消」を実践する。
 エタノールを製造する設備建設起工式が沖縄製糖宮古工場敷地内で催された後、環境省から同事業を委託されたりゅうせき(浦添市)の宮古油槽所でE3燃料を使用した実車走行試験開始式を開催。式典で同社の知念榮治会長は「この事業は地球
温暖化防止を目的とし、成功すれば二酸化炭素削減や地域産業の発展につながる」と事業の効果を強調した。
-------------
 サトウキビを砂糖に精製する際にでる、廃糖蜜を原料にするということで、砂糖の生産量そのものに影響を与えるようではないです。
 是非、コスト的にも効率的なシステムを開発して、沖縄の新たな産業の一つに成長させて欲しいです。
スポンサーサイト
【2005/10/10 05:22】 バイオマス | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<最近の風力発電建設情報(10月上旬) | BLOG TOP | 「環境税反対、賛成を上回る=関心あっても負担は嫌」で思うこと>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://renewable.blog12.fc2.com/tb.php/80-9ce19bd0


-
管理人の承認後に表示されます
【2012/11/05 08:06】
このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。