環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
2005年総選挙 各党マニフェスト検証 【社民党】
ほいほい、次々行きますよ。
お次は社民党! 党の存続がかかっております。

社民党の環境エネルギー政策はこれだ!

☆4.持続的な環境を守ります
[1]国の方針として脱原発を推進していくことを明確にします。プルサーマルや再処理などプルトニウム利用計画は直ちに中止します。原子力関係予算を削減して、再生可能な自然エネルギーの開発や利用技術向上のための予算に振り向けます。
[2]地球温暖化防止のため、森林整備の拡充、バイオマスの本格利用、国産材の積極利用を進めます。
[3]公共交通を充実するとともに、自動車の総量規制、乗り入れ規制を進めます。

以上!
★自民党よりも短い・・・〔詳しく書いてあるところがあるのかもしれませんが見つけられませんでした。〕以下に続く

〔1〕のエネルギー供給部門改革については、共産党とほぼ同じです。ただ、共産党が具体的な政策手段にまで言及しているのに対して、社民党は予算の拡大のみに言及している点で若干弱いです。

〔2〕温暖化対策については、野党にしては珍しく環境税に触れていません。何故でしょう??(°Д°;
バイオマス利用や森林整備が中心です。農林業を重視しているのでしょうか?それはそれで結構です。
が、エネルギー消費の大部分を抱える産業部門や業務部門対策はどうするのでしょうか?

[3]公共交通重視や、自動車の総量規制、乗り入れ規制など運輸部門対策がありました。これは、自民・民主・共産にはなかったものだと思います。運輸部門のエネルギー消費量は増え続ける傾向にあるので、この対策を入れている点は非常によいと思いますね~。

参考:社民党総選挙公約2005
スポンサーサイト
【2005/09/05 04:45】 再生可能エネルギー全般 | TRACKBACK(2) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<[家畜のふんが発電「燃料」] 阿蘇のススキも燃料に | BLOG TOP | 2005年総選挙 各党マニフェスト検証 【共産党】>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://renewable.blog12.fc2.com/tb.php/67-e5dea16b


選挙に行こう! 選挙まであと一週間。みなさん選挙に行きましょう!「入れたい候補がいない」「どの党に入れても変わらない」そういって投票に行かない人は、国会議員が何もしてくれなくても文句は言えません。入れたい候補がいなければ白票でもいい。投票日当日が忙しいなら
narityは静かに暮らしたい。【2005/09/05 09:08】
本日は防災の日、あの日のことを決して忘れてはいけない…
神のいどころ【2005/09/06 11:29】
このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。