環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
2005年総選挙 各党マニフェスト検証 【自民党】
 今回の総選挙は、「郵政民営化」が最大の目玉となっているようですね。いわゆる「小泉劇場」がマスコミを騒がしています。
 しかし、「総選挙は郵政だけが争点ではない」
 っということで・・・

 このブログの専門領域であります環境エネルギー政策について各党のマニフェストを比較してみたい★。注)最初に言っておきますが、唯道は特定の政党の支持者ではないので、あくまで環境保護の立場から各党の政策について見ていきます。

 今回は、第一弾ということで、自民党の環境エネルギー政策マニフェストを見ていくヨ!


自民党の環境エネルギー政策☆ 注)個人的意見は★印のところに書いています。

「エネルギー対策」を推進し安全・安定供給を確保
 大きい見出しで『「エネルギー対策」を推進し安全・安定供給を確保します。』とあり、エネルギーの安定供給が主眼となっていることがわかります。
で、ここに二つの政策の柱があります。
1)資源燃料確保戦略の強化。具体的には、石油天然ガスの自主開発。自然エネルギーの普及拡大。省エネルギーの徹底。
★これだけだと何もいえませんね~。

2)原子力の推進
安全確保を大前提に原子力を基軸電源に位置づけ、安全レベルを維持向上しつつ設備利用率の向上を図る。
また、高速増殖炉開発、核燃料サイクルシステムの確立。
と、これまでの規定路線を貫いています。
あと、なぜか原子力の教育を拡充推進するそうです。
★エネルギー環境問題に関する教育ではなくて、原子力の教育です。なぜ原子力の教育だけを推進するのでしょうか?

エネルギー政策の中で重要な位置を占める地球温暖化対策についての記述は、京都議定書目標達成計画を進めていくとあります。(但し、この計画では京都議定書目標は達成できません(笑))
 また、2013年以降の温室効果ガスの削減のための国際的枠組みも主導権をとっていくとありました。
う~ん、どういう意味で主導権をとっていくのでしょうか?米国と中国と共同歩調で、交渉を妨害するとか(笑)。(今まではそうでした)「地球規模での温室効果ガスの長期的排出削減に向けたリーダーシップの発揮する」とあり、そうした場に米国や中国などの温室効果ガス大排出国を参加させようとする姿勢は評価しえるものでしょう(この評価は、 yeyehillさんの指摘に基づいて8月31日に書き換えたものです。 )

★全体的に、曖昧で具体性に欠けた内容です。
ただ、与党なので、これまでの政策を継続するといった姿勢なのだということは、容易に想像できます。だとすれば、全く評価できない内容です。唯一評価しえるのは、長期的な温暖化防止に向けて、国際的なイニシアチブを発揮するという文言が含まれている点でしょう。
個人的に、気になるのは、原子力教育の強化推進です。環境エネルギー問題全体について教育を推進するなら、まだいいのですが、原子力というたった一つの電源を取り上げるのは、公平ではありません。

参考:自由民主党ホームページ
スポンサーサイト
【2005/08/25 20:35】 再生可能エネルギー全般 | TRACKBACK(1) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
<<2005年総選挙 各党マニフェスト検証 【民主党】 | BLOG TOP | 【USA】2005年エネルギー政策法が成立しました。自然エネルギー政策はどうなった?>>
この記事に対するコメント
はじめまして。
はじめまして。僕も大学でエネルギーや環境やらについて学ぶ者です。環境政策にまで触れるブログってあんまりないので、これからも度々訪問させてもらいたいと思います。よろしくお願いします。

自民党のマニフェスト見て一番の感想は「やっぱ環境税はナシか」でした。おそらくマニフェスト作成段階でも議論になったはずですが、各省の力関係が推測されますね。

「原子力エネルギー教育」は、政府の原子力政策の一環ですね。文科省の「原子力・エネルギー教育支援事業交付金」との絡みが大きいと思います。
妙なのは、これまで「原子力・エネルギー教育」だったのに今回のマニフェストでは「原子力エネルギー教育」になってる(笑
「・」が消え失せた意図について勘ぐってしまいます。

ポスト京都議定書に関して唯一触れている点に関しては僕は評価しているのですが、その辺はいかがお考えでしょうか!?
よろしければお聞かせください。
【2005/08/26 03:05】 URL | yeyehill #xKg0ZT9o [ 編集 ]
ポスト京都議定書について
 「ポスト京都議定書の温暖化ガス削減の枠組みについて、米国と中国等との国際交渉をまとめる」との記述は、評価すべきことかもしれません。
 ただ、日本国内の温暖化対策の現状(京都議定書目標達成が絶望的)を見ると、日本が米国と中国を温暖化ガス削減に向けて引っ張っていくというよりも、温暖化対策に消極的な米中と一緒になって削減目標設定そのものを後退させる方向に動くのではないかと危惧しています。
 どちらにしても、自民党のマニフェストだけだと、どういうポジションで米中等の国との国際交渉をまとめるのかがわかりません。もし「世界レベルでの大幅削減に向けて」とか「温暖化を引き起こさないレベルでの温室効果ガスの排出削減のために」など日本政府のポジションを明確にしてくれていれば、高く評価できたのですが。

【2005/08/28 16:58】 URL | 唯道歩 #- [ 編集 ]
僕も決して今のままの自民党の環境政策を支持するものではありませんし、目標達成計画のデタラメさについては2年後と言わず出来るだけ早急に大幅な見直しを要するものと考えておりますが、少なくとも自民党のマニフェストの第119項のタイトルに「地球規模での温室効果ガスの長期的排出削減に向けたリーダーシップの発揮」と謳われている以上、グランドデザインとしては一応中国やアメリカをポスト京都議定書の温暖化対策の枠組みに引き込むような方向を目指していると解釈できると思っております。

丁寧なお返事ありがとうございました。他党のマニフェスト検証も楽しみにしております。
【2005/08/31 12:41】 URL | yeyehill #xKg0ZT9o [ 編集 ]
見落としていました
yeyehill さん、ご指摘もっともです。
タイトルにポジションが書いてありましたね。見落としていましたよ~。
yeyehill さんのご指摘に基づいて、自民党の評価のところを書き換えました。
また、間違えじゃないかと思うところがあれば、どんどんご指摘ください。これからもよろしくお願いします。

 唯道
【2005/08/31 20:02】 URL | 唯道歩 #- [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://renewable.blog12.fc2.com/tb.php/64-989fba88


各党のマニフェストについて、少しエネルギー・環境分野に特化して軽く比較してみる。まずエネルギー。自民は依然として原子力メイン。社民と共産が原発縮小の立場で、「核燃料サイクル計画即時中止」とか訳の分からんことを言っている。民主は原子力については「監視徹底」
ドラマー的なブログ【2005/08/26 02:14】
このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。