環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
風力発電、導入支援へ 目標達成難しい状況でエネ庁
 風力発電は、出力変動することは確かですが、数が増えることで平準化されるといわれています。(う~ん、でも実証的に誰か調べたものはあるのかな?あればどなたか教えてください。)
 とすれば、

 系統増強→たくさんの風車を接続→出力平準化→系統安定化

 という政策的選択肢もあって然るべきだと思います。

 そもそも系統は、風力発電だけじゃなくて、電力市場全体のインフラなので、ここを増強する事は、電力市場自体を柔軟に強固にしえるものだと思います。
 
 みなさんは、どう思われます?

----------------------
風力発電、導入支援へ 目標達成難しい状況でエネ庁
出所:朝日新聞-2005/07/20

 太陽光やバイオマスと並ぶ新エネルギーの3大分野の一つである風力発電について、2010年度の導入目標達成が極めて難しい状況にあることが、経済産業省総合資源エネルギー調査会の小委員会のまとめでわかった。何も対策を講じないと、ほぼ半分までしか到達できない。風の強弱に伴って出力が変動することが妨げとなっており、同省資源エネルギー庁は出力変動を食い止める蓄電池との組み合わせなど支援策を新年度から進める方針を固めた。


 風力発電は、二酸化炭素削減など温暖化対策が期待されるクリーンなエネルギーだ。同庁新エネルギー対策課によると、国内導入量は04年度末現在で約93万キロワット。このほか電力会社が風力発電事業者と約49万キロワット分の契約をすでに結び、さらに10年度までに24万キロワット分の契約を見
込んでいる。合わせると、10年度時点での風力発電容量は約166万キロワットとなるが、国が新エネルギーの導入目標とする300万キロワット(原発3基分程度)にははるかに及ばない。
 風力発電は風の強弱によって出力が左右されることから、「安定供給に影響する」として、新規立地をめざす風力発電事業者との契約を見合わせる電力会社が相次いでいる。各社とも、送電系統の工夫などで対応量を増やす検討をしているが、「新規の契約が大幅に進む見込みはほとんどない」(同課)という。
 導入を促すための最大のポイントは、出力変動をいかに抑えるかだ。発電所や送電系統に蓄電池を組み合わせ、変動幅を小さくする技術は、まだコストが高いが、ほぼ見通しは立ってきた。このため同庁は、蓄電池を採り入れ、出力を一定に保つ運転システムの開発を支援していくことにした。
 同課は「年間20万キロワット程度ずつ増やさないと、目標に到達しない。早急に取り組む必要がある」としている。
〈電力各社の導入状況〉
 資源エネルギー庁の調べによると、04年度末時点の各電力会社の風力発電導入量は、東北電力がもっとも多く約37万キロワット。続いて九州、北海道と続き、四国電力は2.3万キロワット、中国電力は1.7万キロワット、関西電力は8000キロワットと出遅れている。ただ、10年度までの導入見込みは、関西、中国、四国とも現在の4倍程度を見込む。
 風力発電の比重が大きくなると、出力変動の影響を受けやすい。このため、北海道電力、東北電力では導入の制限を始めた。四国、九州でも同様に、導入制限を検討している。
スポンサーサイト
【2005/07/21 15:05】 風力発電 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<経産省「もうひとつ再処理工場つくろうよ!・・・ | BLOG TOP | 電源開発特別会計、使途拡大へ 毎年1千億円剰余金>>
この記事に対するコメント
こんにちは
先ほどはコメントありがとうございます。
記事がおもしろかったもので、一通り一気に読ませていただきました。

>系統増強→たくさんの風車を接続→出力平準化→系統安定化
ですが、これはまさにドイツやデンマークが行っている方策で、
風力発電の普及を促進させている原因のひとつです。
ですが、私も直接数値データをみたわけではないのではっきりとは言えませんが、
日本の風況ですと、風が安定しないためにこれはなかなか難しいそうです。
さらに、ヨーロッパ中に送電線が張り巡らされていますので、
日本よりも出力変動のバッファーも大きくなっているのも、
系統が不安定になりにくいひとつの理由です。

ただし、単純に電力会社が高コストな風力を導入したくない
という理由もあるのでしょうが…
【2005/07/21 17:09】 URL | カジヤマッチョ #duPPvhME [ 編集 ]
確かに
日本と欧州の状況は、系統の側面でみても風の側面で見ても異なっているでしょう。
 ただ、日本においても、風車の出力変動を風車単機、ウインドファームレベル、広域レベルでみると、(季節において変わるんですが)ウインドファームレベル、広域レベルにおいて程度は違いますが平準化効果が見られるらしいです(細かいデータ持ってないんですが)。
ただ、広域地域においても前線の通過など広域的な気象変動が起こると平準化効果は薄れるみたいですが。
 
 そうしてみると、やはり系統を増強することによって風車をたくさん増やすことは、風力の出力変動を平準化させる可能性が高いと思います。なので、個人的には系統の増強は政策的選択肢として、かなり「あり」だと思ったんですが。
【2005/07/22 14:39】 URL | 唯道歩 #- [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://renewable.blog12.fc2.com/tb.php/54-c6bbc4b1


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。