環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【ドイツ】改正エネルギー経済法が施行 より積極的なエネルギー市場の自由化が実現へ
 ドイツのエネルギー市場は自由化されていますが、それを一層進めるための枠組みになっているようです。一方で、自然エネルギー(本文では再生可能エネルギー)推進の枠組みは維持していくようです。

以下、報道
----------------------------
改正エネルギー経済法が施行 より積極的なエネルギー市場の自由化が実現へ
出所: EICネット-2005/07/04

 ドイツの両院協議会は、6月15日、エネルギー経済法改正案(EnWG)を承認した。6月16日に連邦議会で、6月17日に連邦参議院で承認された後、7月1日に施行する見通しである。
 
改正案では、エネルギー供給網の利用に関し、より自由化を促進する形で詳細な規則が定められている。また、エネルギー供給網利用に関する報償は自由に定められるのではなく、調整される。改正案によって、再生可能エネルギー法は影響を受けず、さらに、バイオガスのガス供給網の利用に関する法的枠組みが新たに定められている。市場で機能する競争原理に対する保証として、詳細な報告書の公開を予定している。
 新たに、連邦電気・ガス・テレコミュニケーション・郵便供給網規制庁が創設され、規制に関する業務は、同規制庁と連邦各州当官が担当することになる。同規制庁には、供給網利用に関する規制や乱用の監視、法の遵守の監視など、大きな権限が与えられる。
 トリッティン連邦環境大臣は、「改正案によって、ドイツのエネルギー市場の自由化はより進歩する。競争に対するより多くの基準が設けられたことにより、エネルギー供給における消費者への配慮がなされ、長期的な値段の低下をもたらす。再生可能エネルギー法による再生可能エネルギーへの支援は、同法案において、完全に考慮されており、補足的な規定に基づき、引き続き支援される」とコメントしている。なお、同改正案により、域内のエネルギー市場に関する指令(2003/54/EC)と域内の天然ガス市場に関する指令(2003/55/EC)が国内法に転換される。【ドイツ連邦環境省】
スポンサーサイト
【2005/07/14 17:55】 欧州関連 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【ドイツ】自然エネルギー2004国際会議から一年 自然エネルギーは拡大中 | BLOG TOP | 【ドイツ】再生可能エネルギー設備導入の助成金制度を改善>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://renewable.blog12.fc2.com/tb.php/49-a927d7d8


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。