環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【北米】ネヴァダ州 グリーン建築の推進と自然エネルギー目標値改定
アメリカ・ネヴァダ州でグリーン建築促進法が制定され、自然エネルギー指令が変更。

 6月17日、グリーン建築に関する新しい促進策と基準を作り、州の自然エネルギー基準要求(RPS)を修正した法案をネヴァダ州知事は了承した。
 グリーン建築促進策は、州が資金提供した公共施設に「エネルギーと環境デザインに関するリーダーシップ(LEED)」グリーン建築もしくは同等の基準の最低基準を満たすよう義務付けるものである。2年ごとに、その公共施設が指定されることになる。また、同等の基準を満たす民間のビルについては、様々な税制控除を受けることができる。
 同法は、州が所有するビルで購入するエネルギーを今後10年間で20%削減する計画を州が立てることもまた義務付けている。

 一方で、州が持っている自然エネルギー基準要求による義務付けを2年間遅らせ、2005年と2006年の義務付けを1%下げた。電力会社は、販売電力の6%に相当する自然エネルギー電力を調達するか、省エネをするかしなければいけない。同時に、同法は、自然エネルギー基準要求を2年間延長し、最終的な義務量を5%ほど増大させ、2015年までに20%に引き上げた。

 後は省略です(^^;
Nevada Law Promotes Green Building, Alters Renewable Mandate


.

 Nevada Governor Kenny Guinn approved a bill on June 17th that will create new incentives and standards for green building within the state, while modifying the state's renewable energy requirement. The first half of Assembly Bill 3 focuses on green building, requiring most state-funded public buildings to meet the minimum requirements of the LEED (Leadership in Energy and Environmental Design) green building standards or an equivalent standard. Every two years, the state must designate two new state-owned buildings as demonstration projects to meet the LEED Silver standard or its equivalent. Also, any private buildings meeting that standard would earn a tax credit, and the products and materials used in building will be exempt from sales tax. The bill also requires the state to create a plan to cut its grid-based energy purchases for state-owned buildings by 20 percent over the next 10 years.
>
Under the new law, the state's renewable energy requirement, referred to as its "portfolio standard," now allows credit for energy efficiency. The law delays the requirements by two years and drops the near-term requirement by one percent: For 2005 and 2006, utilities must now generate or acquire energy from renewable energy sources or achieve savings from energy efficiency equal to 6 percent of their electricity sales, with energy efficiency providing at most a quarter of the requirement. At the same time, the law extends the portfolio standard by two years and increases the final requirement by
5 percent, boosting the requirement to 20 percent by 2015.

In addition, the law modifies the state's Solar Energy Systems Demonstration Program -- providing solar power systems to schools, public buildings, private residences, and small businesses -- to add 9,500 kilowatts of solar power over the next five years. The law also establishes a licensing system for installers of photovoltaic solar power systems. See the Nevada State Legislature Web site for the
bill's status and text (in PDF format only)
at:
and .
スポンサーサイト
【2005/07/07 07:11】 北米関連 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<鹿児島県ツル保護会 風力発電所建設に反対  | BLOG TOP | 上海 グリーン電力が市全体電力消費量の16分の1に達する目標>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://renewable.blog12.fc2.com/tb.php/42-431172b6


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。