環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
西沖の山の石炭火力発電所、2012年の稼動目指す
 温暖化ガス排出削減しなきゃなんないのに、石炭火発を新設するなんて信じられませんね。
 電力自由化の影響で、安くてダーティな電源への移行がどんどんすすむんではないかと危惧しています。
 やはり、なんらかの規制措置をとらないと、ダメですね。個人的には環境税が不可欠だと思う。

以下、報道
---------------
西沖の山の石炭火力発電所、2012年の稼動目指す
出所:宇部日報‐2005/07/01
 
宇部市西沖の山西沖に石炭火力発電所を建設するシグマパワー山口(茂澄孝社長、本社東京都港区芝浦)は三十日、環境影響評価(環境アセスメント)の準備書を、経済産業省と県、宇部市、山陽小野田市に提出。同日から宇部市役所など四カ所で、閲覧を開始した。縦覧期間は七月二十九日、意見書の提出は八月十三日まで。
 同社は、東芝とオリックスが共同出資で二〇〇三年四月に設立。発電所の名称は「シグマパワー山口宇部発電所」で、五十万キロワット二基の大型石炭火力発電設備を建設する。当初は〇九年三月の稼働を目指していたが、工期拡大などにより変更。一二年一月に一号機、七月に二号機の運転開始を予定している。着工予定は〇九年一月で、総事業費は約一千億円。
スポンサーサイト
【2005/07/02 03:54】 化石燃料関係 | TRACKBACK(2) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<更新再開 | BLOG TOP | 「ウィンドフォース12」2005年度版の発表>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://renewable.blog12.fc2.com/tb.php/37-f2caa1b4


1995年に電力市場が自由化され、その後のさらなる緩和策で、高圧分野、つまり大きなビルや工場までの市場が開放された。これがどういうことかと言うと、これまでは電力供給事業というのは電力会社が地域で独占して行っていて、仮に発電所を作って電力を売ろうと....
revolution 11【2005/07/21 12:48】
9月11日の衆議院議員選挙では「郵政民営化」の問題ばかりが話題になりがちですが、日本や世界の未来を考えると「環境政策」に関する各政党の考え方も見極めて投票したほうがよいかもしれません。昨日(8/29)の毎日新聞に『環境政策に各党の違い』という記事があり、環境問題
「市民会議」~日本と世界の未来をみんなでつくろう~【2005/08/30 01:19】
このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。