環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
やっと雨がふりました。ちょびっと
 今日、私の住む地域でも久しぶりに雨が降りました。よかった。

 と思ってたら通りがかりに、女子大生が、「雨っていやよね~」なんて言ってるのを聞いたんです。
 こいつら、水とか食糧とか、エネルギーとか、生活に必要な資源に対してどういう認識もってんだろう?まさか、タダ同然だとおもってんじゃないだろうな~?

 なんて、考えてしまいました。

 しかし、中四国はほんとに深刻みたいですね。

以下、報道です
----------------------------
那賀川の水不足深刻 異常事態に関係者苦悩、農業にも影響
出所:徳島新聞-2005/06/28

 那賀川の長引く渇水で農・工業用水の取水量が通常の13%に低下し、流域の産業への影響が一層深刻になっている。工業では操業停止に追い込まれる企業が出るなど、危機的な状況。これまで目立った被害のなかった農業でも、これ以上長引けば収穫量への影響が避けられない。徳島地方気象台の週間予報でも本格的な雨は望めず、かつてない異常事態に関係者の苦悩が続いている。

[工業関係] 那賀川からの利水企業十二社のうち、一社が二十七日午後四時から操業を停止した。同社は十二日から二十日まで操業をいったん停止した後、一日おきの操業を続けていたが「設備の維持管理が限界。企業の信用にかかわる死活問題だ」と頭を抱える。
 最大の契約水量を持つ王子製紙富岡工場(阿南市豊益町)は、これまで製造工程の効率化を図って節水と水の再利用で減産せずに操業を続けてきた。しかし取水量の低下を受けて、市内の各種用水の再利用も検討している。
 他の企業も「これ以上の節水は困難」と話しており、大半が減産や生産ラインの一部停止などを余儀なくされるという。中には「赤字覚悟」で料金が十倍以上する上水道の利用に踏み切ったり、他工場からタンクローリー車で水を運び込んでいる企業もある。
 四国電力橘湾石炭火力発電所(同市橘町)は、電源開発(同)と共同でタンク二基(計二十五万トン)に発電用の水を備蓄している。しかしあと二十日分しかない。
 [農業関係] 那賀川北岸土地改良区が農業用水を供給する羽ノ浦、那賀川両町と小松島市では、用水路の水位を確保するため、用水路を二系統に分けて二日ごとに水を流している。
 だが、水位の低下は防ぎきれず、末端の小さな水路では水が入ってこない個所も。農家は、ポンプを使って水をくみ上げたり、用水路の上流域で取水しない夜間や早朝に水を入れたりしている。
 那賀川町上福井の農業田村治男さん(63)は、水があるかどうか心配で朝夕の二回、田を見回っている。「稲の穂が膨らみ始めており、これから一カ月が水が一番必要な時期。日照りがこれ以上続けば収穫量に影響が出るかもしれず心配だ」と話す。
 JAあなん(阿南市)によると、那賀町内では一部地域で谷水が枯れるなどし、大久保地区などでは田植えができなかったり、あきらめたりした農家もいる。
 一方、収穫の最盛期を迎えたハウスミカンなどの畑作では地下水を利用する場合が多く、目立った被害はない。しかし、那賀川の流量の減少が地下水の水量に影響する可能性もあり、心配する声も上がっている。
スポンサーサイト
【2005/06/28 20:12】 気候変動問題・条約 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【北米】エタノール混入量めぐり、上院で議論白熱へ | BLOG TOP | 【北米】アイオア州;自然エネルギーの税控除対象を拡大>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://renewable.blog12.fc2.com/tb.php/27-a91c3505


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。