環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
石油高騰の影響が国内にも現れ始めています。(その2)
ここでは、工業部門や商業部門の事例です。

重油を使った自家発システムから、電力や石炭への移行が進んでる状況みたいです。自然エネルギーへの移行事例はないみたいですね。

 所詮は、価格の安い方向に流れます。

 ちなみに、石炭は石油よりも環境的にはかなり悪いです。

以下、報道


地場企業、熱源の重油離れ進む
出所:中国新聞‐2005/06/25

 原油価格の高騰で、中国地方の製造工場や商業施設などで、重油から熱源を切り替える動きが広がっている。自家発電から電力購入への切り替えのほか、自家発電の燃料を重油より安価な石炭に転換する化学メーカーも出ている。米ニューヨークの原油先物相場は一時ついに1バレル=60ドルを突破、原油がさらに高騰する気配を見せており、燃料を切り替える動きはさらに進みそうだ。
 自家発電をやめて、電力購入を始めた中国地方の事業所は2004年度に44件。23件だった前年度の二倍近くになった。中国電力の調べでは、中国地方で重油を燃料とする自家発電装置を利用している事業所は約400件あり、このうち一割が、電力購入に切り替えた形となる。
 中電がデータを取り始めた2000年度は、電力購入に切り替えたケースは0、2001年度も16件だった。原油価格が高水準で推移した2004年度になって、一気に転換が進んだ。
 ショッピングセンターを経営する広島市安佐北区の会社では昨年十月、広島県北部の一店舗でリース契約で借りていた自家発電装置を廃止した。担当者は「燃料代がここ数年で、三~五割跳ね上がった。電気を購入した方が、少なくとも年間10%程度の節約が見込める」と言う。さらに「発電装置の維持管理にかかる費用や手間も必要なくなるのも大きい」とメリットを強調する。
 中電も今年二月、事業所回りの営業要員を四十人増やして、145人体制に強化。原油高騰をチャンスと見て「この時期をとらえて、電力購入に切り替えた場合のメリットを売り込み、販売量を伸ばしたい」と攻勢をかけている。
 一方、化学メーカーのトクヤマは、徳山製造所(周南市)の自家発電装置の燃料を〇七年十月をめどに、重油から石炭に切り替える。本年度からの三カ年で約百億円かけてボイラーを改造する計画。「年間約二十億円の節減効果が見込まれる。原油の値上がりは青天井の状態なので、防衛策が必要」としている。
 中国や米国を中心に原油需要は伸びており、石油連盟(東京)は「今後も原油価格が下がる要因は見当たらない。当面は高止まり傾向が続きそうだ」と予測。「事業所では、燃料の効率化を図る動きがさらに進む」とみている。
   ◇
 燃料輸入額46.5%増 中国地方5月
 原油価格の高騰で、中国地方の五月の原油や石炭など鉱物性燃料の輸入額が前年同月に比べ46・5%増の千五百四十一億円と大幅に膨らんだことが二十四日、広島税関支署がまとめた貿易実績で分かった。量はほぼ横ばいで推移しているものの、金額ベースで大きく跳ね上がった。
 
スポンサーサイト
【2005/06/27 18:21】 化石燃料関係 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【北米】バーモント州で自然エネルギー促進政策が更新 | BLOG TOP | 石油高騰の影響が国内にも現れ始めています。(その1)>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://renewable.blog12.fc2.com/tb.php/24-9190f94c


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。