環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
再生可能エネルギーとは何ぞや
 環境・エネルギー問題の中で、正面から取り上げられにくい再生可能エネルギー(日本では、一般的に「自然エネルギー」と呼ばれる)について主に取り上げていこうと思います。

 ていうか「再生可能エネルギー(以下、RE)」って何だ?
と思う方が少なからず、おられると思います(多分・・・)
そこで、
 で、今回は、このREの定義の問題に取り組んでみたいと思う。


まず、国際機関がどのようにREを定義しているのか、見てみよう。
・国際エネルギー機関の再生可能エネルギー作業部会(REWP)によると、
 “Renewable Energy is energy that is derived from
natural processes that are replenished constantly.
In its various forms, it derives directly or indirectly
from the sun, or from heat generated deep within the
earth. Included in the definition is energy generated
from solar, wind, biomass, geothermal, hydropower
and ocean resources, and biofuels and hydrogen
derived from renewable resources.”


 ということだそうです。下手な和訳を試みると・・・

 「再生可能エネルギーとは、絶え間なく補充される自然の
プロセスに由来するエネルギーである。その諸形態において、
再生可能エネルギーは直接、間接的に太陽もしくは地中内部深く
から生み出される熱に由来している。その定義に含まれるものは、
太陽や風、バイオマス、地熱、水力、海洋資源、バイオ燃料や再生
可能資源に由来する水素から生み出されるエネルギーがある」


 こんな感じかな。しかし、これじゃ、いまいちわからん。
(ですよね(^-^;)
スポンサーサイト
【2005/06/16 22:00】 再生可能エネルギー全般 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<再生可能エネルギーの定義について(第2回) | BLOG TOP | 【報道】温泉熱生かした地熱発電 事業化へ調査>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://renewable.blog12.fc2.com/tb.php/2-bd8b9d32


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。