環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
08 | 2005/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
いざというときの分散型電源
台風対策、酪農家は発電機用意を 教訓生かし冊子に
出所;北海道新聞ー2005/9/14

 【中頓別】宗谷南部地区農業改良普及センター(宗谷管内中頓別町)はこのほど、酪農家の停電対策をまとめた小冊子を作製した。昨年九月の台風18号による停電で、管内の農家が長時間搾乳できずに被害が拡大したことを教訓にした。同センターは「大型化され大容量の電力が必要な現在の酪農家では発電機を用意するなど日ごろの備えが大事」と指摘している。
 宗谷支庁の調べでは、管内の台風18号による農業被害は、強風で牛舎や倉庫が壊れるなどして、約五億二千万円に上った。また、停電で搾乳機械を動かせず、手で搾っても冷蔵できないという二次被害もあった。最も復旧の遅い地域では二日間にわたり停電が続いた同管内枝幸町では、約四千九百トンの牛乳が搾れなかったと推定されている。
 小冊子はA4判、二十五ページ。経営規模に応じた発電機の容量や接続工事の手順、費用を掲載している。発電機がない場合、与える水や餌の量を減らすなどの方法も紹介している。
 同センターの佐藤勝之技術主幹は「高額な発電機を買うのは経営上の負担が大きく、共同で買うなどの工夫が必要。災害時は地域で助け合うことが何より大切だ」と強調している。
 ---------------------------------
酪農家でしたら、バイオガス発電所を協同組合作ってやったらどうでしょう?
スポンサーサイト
【2005/09/29 14:12】 再生可能エネルギー全般 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
【NEWS】バイオ燃料拡大で業界と合意=10年にガソリンの1%弱が目標-豪政府

出所:JIJI.com-05/09/28
 【シドニー28日時事】オーストラリアのハワード首相は28日、国内の主要石油会社の幹部と会談し、ガソリンの代替燃料としてバイオ燃料の使用を拡大することで合意した。2010年までにガソリン使用量の1%弱に相当する年間3億5000万リットルを目標に掲げた。石油への依存を減らすのが目的で、消費者にとってもガソリンより安価なバイオ燃料を使える利点があるという。 
-------------------------------
温暖化対策というよりも、原油高騰の影響でしょうか?
オーストラリアでは、ガソリンよりバイオ燃料が安いというのは本当なんでしょうか??

【2005/09/29 14:03】 バイオマス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
強暴化するハリケーンは、地球温暖化の影響?
 ハリケーン「カトリーナ」に続いて「リタ」がアメリカ本土に上陸しました。すでにニューオリンズの堤防が決壊し、今回の「リタ」上陸で、テキサス、ルイジアナ両州で300万人に避難勧告が出されました(参照)。

 相次ぐ巨大ハリケーンの上陸で、少なからぬ人が地球温暖化の影響ではないかと危惧しているのではないでしょうか。私も温暖化の影響ではないかと思っております。
 とはいえ、研究者レベルでは、まだまだ確証には至っていないようです。

 

 
 
[READ MORE...]
【2005/09/24 18:09】 気候変動問題・条約 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
新テンプレートへの移行
朝夕はかなり涼しくなってきましたね。
秋が近づいてきた感じがします。

南国風のテンプレートも飽きてきたし、そろそろ新テンプレートへ移行しようかな~
と思う今日この頃でございます。

近日中には、お目見えできると思いますので、どうぞご期待下さい~。

                         唯道 歩
【2005/09/22 22:48】 お知らせ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
北杜市(山梨)が小水力発電所建設へ 
北杜市が水力発電所建設へ 補正予算案に2億6900万円
出所:asahi.com-2005/9/21

 北杜市は来年度中の供用開始を目指し、同市高根町に水力発電施設を建設する。地球温暖化防止対策事業の一環で、21日開会の9月定例議会で、事業費約2億6900万円を盛り込んだ補正予算案を提出する。
 20日の記者会見で白倉政司市長が発表した。発電施設は同市高根町長沢の大門浄水場の水を利用する。約90mの高低差を利用し、最大出力334キロワット、年間で最大220万kWhの電力を作り出す計画だ。11~12年間で建設費用が回収できるという。白倉市長は「これを突破口に太陽光発電にもつなげていきたい」としている。
-----------------------
 小型の水力発電事業ですね。既存の水路などを利用すれば、環境に与える影響はないと言われてます。
 事業費2億6900万円で334kWの設備だと、1kWあたりの費用は、80.5万円になります。また年間発電量を220万kWhということは、年間の設備利用率は、75%で見積もっているのではないでしょうか。浄水場の水を使うって事は絶えず水が流れてると想定しても問題ないのでしょうか?それだと妥当な設備利用率でしょうか? 
 ちなみに太陽光発電や風力の場合は日射量や風況に大きく左右されるので、太陽光の場合は設備利用率は12%、風力発電の場合は、25%前後だったと思います。
【2005/09/22 00:58】 小水力発電 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
日本のODA絡むダム インドネシアで住民が政府提訴
日本のODA絡むダム インドネシアで住民が政府提訴
出所‐Asahicom, 2005/9/18
 日本の途上国援助(ODA)によるインドネシア・スマトラ島のコトパンジャンダムの建設で、強制移住後に生活基盤を失ったなどとして、住民の一部がこのほどインドネシア政府などを相手取り、640億ルピア(約7億円)にのぼる損害賠償を求める民事訴訟をリアウ州バンキナン地方裁判所に起こした。
 訴えたのは、リアウ州旧ポンカイ村の65世帯の住民。訴状などによると、住民は強制移住にあたり、補償金と代替の土地の支給を約束されたが、補償金が一部未払いのうえ、代替地の環境が悪く耕作ができなかった、としている。
 --------------------
  日本のODAだけではありませんが、先進国や国際機関の援助でこんなことがおこる事例はかなりあるみたいです。
 一度、インドのNGOの方とお話しする機会があったのですが、やはり「巨大ダム建設で、住民が追いやられて大きな問題となっている」と言ってました。それは、IMFとインド政府が進めているプロジェクトでした。


[READ MORE...]
【2005/09/20 03:14】 南・東南アジア関連 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
[家畜のふんが発電「燃料」] 阿蘇のススキも燃料に
[家畜のふんが発電「燃料」] 阿蘇のススキも燃料に
出所:asahi.com-2005.8.29
■熊本のNPOが計画
 熊本・阿蘇の広大な草原のススキを使って発電できないか――。こんな計画をNPO法人・九州バイオマスフォーラム(熊本県阿蘇市)が進めている。
 草原は定期的に野焼きしたり、刈り取ったりしないと木が生えてくる。阿蘇の草原は農家の減少やトラクターで平地部分だけ刈ることが多くなり、森林化が進んでいるという。約2,500haが未利用で、ここに大量に生えるススキを燃料として刈り取ることで草原再生も目指そうとの試みだ。
 計画では、まずホテルや温泉施設に小型の熱電併給装置を設置。刈り取った草を蒸し焼きにして可燃性ガスを取り出し、燃やして発電するとともに廃熱を給湯などに使う。傾斜地で効率的に採草する試験などを始めており、中坊真事務局長は「阿蘇は草資源では日本一恵まれた地域。3年後ぐらいには実用化できるのではないか」と話している。
---------------------------------
 ★ススキを利用したバイオガス・コージェネレーションですか。珍しいですね。発電の規模はどれくらいなのでしょうか。
 こうした民間の取り組みが新しい自然エネルギーの事業モデルを生んでいくと思います。
 是非、成功に向けてがんばっていただきたいと思います。
【2005/09/14 16:29】 バイオマス | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
2005年総選挙 各党マニフェスト検証 【社民党】
ほいほい、次々行きますよ。
お次は社民党! 党の存続がかかっております。

社民党の環境エネルギー政策はこれだ!

☆4.持続的な環境を守ります
[1]国の方針として脱原発を推進していくことを明確にします。プルサーマルや再処理などプルトニウム利用計画は直ちに中止します。原子力関係予算を削減して、再生可能な自然エネルギーの開発や利用技術向上のための予算に振り向けます。
[2]地球温暖化防止のため、森林整備の拡充、バイオマスの本格利用、国産材の積極利用を進めます。
[3]公共交通を充実するとともに、自動車の総量規制、乗り入れ規制を進めます。

以上!
★自民党よりも短い・・・〔詳しく書いてあるところがあるのかもしれませんが見つけられませんでした。〕以下に続く

[READ MORE...]
【2005/09/05 04:45】 再生可能エネルギー全般 | TRACKBACK(2) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2005年総選挙 各党マニフェスト検証 【共産党】
選挙まで2週間きりました。はやくしないといけないんですが、時間がとれなくて、なかなか書けません。( ̄□ ̄;)

で、今度はどの政党にしようかと迷いました。
公明党、社民党、共産党・・・
で、今回なんとなくマニフェストが詳しそうな共産党にします。第3弾です。はい。

【総評】
 共産党は、エネルギー政策の焦点を原子力と自然エネルギーに絞っています。その点で、エネルギー政策の構造改革全体を見渡していないという点で弱点はあります。例えば、エネルギー消費構造の効率化・消費の抑制などが挙げられていません。
 しかしながら、原子力政策を縮小に向けて大幅に転換し、一方で自然エネルギーの増大については的を得た政策提言をしています。特に自然エネルギー普及政策については、自然エネルギー市場の拡大を支える固定価格買取制度と独自の研究開発の促進という日本の自然エネルギー普及のためには欠かせない政策手段を掲げている上で、高く評価できます。

 以下、詳細
[READ MORE...]
【2005/09/03 06:59】 再生可能エネルギー全般 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。