環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
西沖の山の石炭火力発電所、2012年の稼動目指す
 温暖化ガス排出削減しなきゃなんないのに、石炭火発を新設するなんて信じられませんね。
 電力自由化の影響で、安くてダーティな電源への移行がどんどんすすむんではないかと危惧しています。
 やはり、なんらかの規制措置をとらないと、ダメですね。個人的には環境税が不可欠だと思う。

以下、報道
---------------
西沖の山の石炭火力発電所、2012年の稼動目指す
出所:宇部日報‐2005/07/01
 
[READ MORE...]
スポンサーサイト
【2005/07/02 03:54】 化石燃料関係 | TRACKBACK(2) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
WTIの原油基準価格についての統計情報
 最近、原油高騰に関するニュースが多いので、価格指標
について、情報を公表しているウェブサイトをご紹介します。

 個人的にいいなと思うサイトは、Oil Energy です。

 ここでは、テキサス産軽質油(WTI)の日々の価格から歴史的な
統計データを無料で参照することができます。

 ちなみに、北米市場では、ニューヨーク商業取引所(New York
Mercantile Exchange:NYMEX)で取引されているWTI原油先物の
価格が指標価格となっており、域内で流通しているほとんどの
原油はWTI価格に連動して決定されています(東京工業品取引所)。

【2005/06/29 05:31】 化石燃料関係 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
石油高騰の影響が国内にも現れ始めています。(その2)
ここでは、工業部門や商業部門の事例です。

重油を使った自家発システムから、電力や石炭への移行が進んでる状況みたいです。自然エネルギーへの移行事例はないみたいですね。

 所詮は、価格の安い方向に流れます。

 ちなみに、石炭は石油よりも環境的にはかなり悪いです。

以下、報道


地場企業、熱源の重油離れ進む
出所:中国新聞‐2005/06/25

 原油価格の高騰で、中国地方の製造工場や商業施設などで、重油から熱源を切り替える動きが広がっている。自家発電から電力購入への切り替えのほか、自家発電の燃料を重油より安価な石炭に転換する化学メーカーも出ている。米ニューヨークの原油先物相場は一時ついに1バレル=60ドルを突破、原油がさらに高騰する気配を見せており、燃料を切り替える動きはさらに進みそうだ。
[READ MORE...]
【2005/06/27 18:21】 化石燃料関係 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
石油高騰の影響が国内にも現れ始めています。(その1)
 これは、農業の事例です。
 農業の場合は、天候不順など温暖化の影響も受けているので「二重苦」となっているようです。

以下、報道
------------------------
天候不順で農家悲鳴/葉物例年の半値近く。原油高騰で輸送コスト増加/「作るほど赤字」
出所:福島民報‐2005/06/26

 天候不順と空梅雨の様相に野菜農家が悲鳴を上げている。キャベツ、レタスなど葉物の値段が特に安く例年の半値近くのケースも。本県のキュウリやサヤエンドウも価格が安定しない。原油価格の高騰で輸送コストもかさみ、生産者にとっては2重苦の状況だ。夏野菜で巻き返しを図りたい考えだが、降雨量や気温次第で品質や売値に影響するだけに先行きは不透明だ。
[READ MORE...]
【2005/06/27 18:11】 化石燃料関係 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
原油、60ドル時代到来か?!
米国産WTI原油の先物価格が史上初めて1バレル=60ドル台に乗った。

細かい価格動向なんかはわかりませんが、
今後、価格はこの近辺で推移する可能性が高いですね。

供給側もあまり大幅な生産増強はできない状況の中で、需要が堅実に増大している。この傾向は、大きな油田の発見がされるか、もしくは需要が抑制されなければ、続くだろう。

20世紀は、「石油は国家の血液」とまでいわれました。
が、石油は無限ではないし、いつか限界を迎える。

そのときを何の準備もなく迎えるのでしょうか?
だれかが問題を解決してくれるわけではないでしょうに…


[READ MORE...]
【2005/06/24 17:12】 化石燃料関係 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。