環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
サトウキビから自動車燃料 宮古で実証実験
 宮古島産のサトウキビから自動車燃料用として「バイオエタノール」を製造、公用車で使用し実用化を目指す環境省の「沖縄産糖蜜(とうみつ)からの燃料用エタノール生産プロセス開発及びE3等実証試験」事業が7日、宮古島市で始まり、プラント起工式と実車走行試験開始式が行われた。プラントの完成は来年。
 
出所‐琉球新報 2005/10/08
[READ MORE...]
スポンサーサイト
【2005/10/10 05:22】 バイオマス | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
【NEWS】バイオ燃料拡大で業界と合意=10年にガソリンの1%弱が目標-豪政府

出所:JIJI.com-05/09/28
 【シドニー28日時事】オーストラリアのハワード首相は28日、国内の主要石油会社の幹部と会談し、ガソリンの代替燃料としてバイオ燃料の使用を拡大することで合意した。2010年までにガソリン使用量の1%弱に相当する年間3億5000万リットルを目標に掲げた。石油への依存を減らすのが目的で、消費者にとってもガソリンより安価なバイオ燃料を使える利点があるという。 
-------------------------------
温暖化対策というよりも、原油高騰の影響でしょうか?
オーストラリアでは、ガソリンよりバイオ燃料が安いというのは本当なんでしょうか??

【2005/09/29 14:03】 バイオマス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
[家畜のふんが発電「燃料」] 阿蘇のススキも燃料に
[家畜のふんが発電「燃料」] 阿蘇のススキも燃料に
出所:asahi.com-2005.8.29
■熊本のNPOが計画
 熊本・阿蘇の広大な草原のススキを使って発電できないか――。こんな計画をNPO法人・九州バイオマスフォーラム(熊本県阿蘇市)が進めている。
 草原は定期的に野焼きしたり、刈り取ったりしないと木が生えてくる。阿蘇の草原は農家の減少やトラクターで平地部分だけ刈ることが多くなり、森林化が進んでいるという。約2,500haが未利用で、ここに大量に生えるススキを燃料として刈り取ることで草原再生も目指そうとの試みだ。
 計画では、まずホテルや温泉施設に小型の熱電併給装置を設置。刈り取った草を蒸し焼きにして可燃性ガスを取り出し、燃やして発電するとともに廃熱を給湯などに使う。傾斜地で効率的に採草する試験などを始めており、中坊真事務局長は「阿蘇は草資源では日本一恵まれた地域。3年後ぐらいには実用化できるのではないか」と話している。
---------------------------------
 ★ススキを利用したバイオガス・コージェネレーションですか。珍しいですね。発電の規模はどれくらいなのでしょうか。
 こうした民間の取り組みが新しい自然エネルギーの事業モデルを生んでいくと思います。
 是非、成功に向けてがんばっていただきたいと思います。
【2005/09/14 16:29】 バイオマス | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
製紙大手、売電事業参入相次ぐ・木くずなど燃料に
製紙業界がバイオマス発電に参入する動きが見られます。
記事では、原油高騰の影響を指摘していますが、あきらかに新エネ利用特別措置法の影響かと思われます。

でも、純粋なバイオマス事業ではないみたいです。
東海パルプは、廃プラスチックを使うそうなので、バイオマスじゃないです。
なんなんでしょう?

以下、報道
----------------------
製紙大手、売電事業参入相次ぐ・木くずなど燃料に
出所:日経新聞-2005/07/05

 製紙大手が相次ぎ売電事業に参入する。木くずなどバイオマス(生物資源)を燃料に使う発電ボイラーの導入が進み、石炭・重油のボイラーと比べ低コストで発電できるようになったためだ。バイオマス発電への転換で二酸化炭素の排出や燃料費を抑制。さらに余剰電力を販売して新たな収益源を確保する一石二鳥を狙う。
[READ MORE...]
【2005/07/06 18:18】 バイオマス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
バイオ燃料関連ニュース
バイオ燃料関係のニュースです。
-----------------
◆家庭用廃食油回収のGS、1日から増加 東近江と竜王
出所:中日新聞-2005/06/29

 【滋賀県】県東近江地域振興局が、昨年5月から「東近江菜の花プロジェクト」の一環で取り組んでいる家庭から出る廃食油の回収事業に、東近江市と竜王町のガソリンスタンド計11店が7月1日から新たに協力することになった。

◆てんぷら油バス運行 燃料は家庭から収集 東洋町
出所:高知新聞-2005/06/29

 てんぷら油バス、出発進行!――。安芸郡東洋町でこのほど、家庭の使用済みてんぷら油(廃食油)をバイオディーゼル燃料(BDF)にした町営福祉バスが運行を開始した。二酸化炭素や硫黄酸化物をほとんど排出しない上、従来の軽油に比べても安上がりと一石二鳥の効果がある。同町は「ほかの公用車にも活用していきたい」と意気込んでいる。


[READ MORE...]
【2005/06/30 17:29】 バイオマス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。