環境とエネルギー×明日を活きるための僕らの選択=
環境エネルギー政策、特に自然エネルギーについて扱うブログです。 訪れてくださった皆様ありがとうございます。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 唯道 歩 (Tadamichi Ayumu)
  • 環境エネルギー政策について学ぶ大学院生です。
    趣味は勉強すること・・・。

    すいません、嘘です。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
COUNTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【USA】2005年エネルギー政策法が成立しました。自然エネルギー政策はどうなった?
 ブッシュ政権の下で新たに「2005年エネルギー政策法」が成立しました。米国では、1992年以来の新たなエネルギー政策になります。

 本法は、ブッシュ政権下での法律であるため、かなり化石燃料や原子力に対する優遇措置が導入されたみたいです(例えば、法案に盛り込まれた税制優遇措置は、今後10年間で総額145億ドル(約1兆6300億円)。その多くは、原発建設や原油や天然ガスの採掘、製油所建設などを促すエネルギー業界向け。Asahi.com)。
 しかし、その一方で、自然エネルギー政策もわずかながら前進した模様です。(でもほんのわずか)
 以下では、主な自然エネルギー普及にかかわる制度を見ていきましょ。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
【2005/08/25 20:06】 北米関連 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
【USA】テキサス州が自然エネルギー目標値を倍増!
 やりましたーー!!すげー!

 テキサス州で、自然エネルギーの目標値を倍増させる法案がとうとう通りました。

 元々、テキサス州は、1999年に制定された法律で、2009年までに288万kWの自然エネルギー設備(内、新規の設備は200万kW)を導入する目標を立てていたんです。この法律は、州内の電力会社に目標達成を義務付けるので、この目標の達成はほぼ確実です。

 で、今回、新法(Senate Bill 20)が州議会で可決されたんですが、この法律がすごいんです。
 マジで!

 どこがすごいか。

テキサス州議会


[READ MORE...]
【2005/08/08 01:52】 北米関連 | TRACKBACK(1) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
【カナダ】ケベック州が風力発電を新たに200万kW増大させる計画
 カナダ・ケベック州といえば、北米唯一のフランス文化圏、新旧の建物が調和した美しい街並み、広大で変化に富んだ大自然だろう。(ケベック州政府観光局)

 そんな洗練された文化と自然が見事に融合したカナダ第2の州が、積極的な風力発電の推進に乗り出した。

 現在、ケベック州には、21.2万kWの風力発電があり、さらに124.4万kWが開発中であるが、これにとどまらず、州政府は、今回、Hydro-Quebec州電力公社が購入する風力発電からの電力購入枠を新たに200万kW積み増すことを発表した。
 Photo: CanWEA Photo: CanWEA


[READ MORE...]
【2005/07/23 18:51】 北米関連 | TRACKBACK(1) | COMMENT(3)
このページの先頭へ
テキサス州:自然エネルギー目標値増大法案が流産
テキサス州の風力発電市場を成長させ続けるために自然エネルギー目標値を増大させようとする州の法律は、州議会の激しいやり取りにあって死んでしまった。関係のない法律をめぐる上下両院の間の論争の偶然の犠牲者となってしまった。議会が再び開かれるのは2年後であるが、この夏、自然エネルギー指令に新たな命が吹き込まれるという望みはまだある。(WindPower Monthly,July,2005)
[READ MORE...]
【2005/07/14 16:54】 北米関連 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
アメリカ連邦政府上院で上院版エネルギー法が可決
 6月末にアメリカ連邦政府上院上院版エネルギー法が可決されました。上院で可決された上院エネルギー法では、自然エネルギーについての様々な法律が含まれています。以下では、特徴的な政策を取り上げて、紹介したいと思います。

◆自然エネルギー・ポートフォリオ基準
 法案のなかで特に、重要な施策は、史上初めての連邦レベルの自然エネルギー・ポートフォリオ基準の導入であろう。
 これは、全米の電力会社に対して、2020年までに販売電力のうち10%を自然エネルギーでまかなうことを義務付けるものである。これまで、同様な施策が19の州で導入されてきたが、連邦レベルでは初めてである。
 憂慮する科学者同盟(The Union of Concerned Scientists)は、この政策は、2025年までに2億4900万トンのCO2排出量を削減し、27億ドルの家庭電力料金を節約するというエネルギー情報局による最近の分析を引き合いに出し、この政策を支持している。

 
[READ MORE...]
【2005/07/10 16:48】 北米関連 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。